ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju135

古今著聞集 文学第五

135 後三条院東宮にておはしましける時学士実政朝臣任国に赴きけるに・・・

校訂本文

後三条院1)、東宮にておはしましける時、学士実政朝臣2)、任国に赴きけるに、餞別の名残りを惜しませ給ひて、御製かかりけるとかや。

 州民縦作甘棠詠 州民縦ひ甘棠の詠を作すとも

 莫忘多年風月遊 多年風月の遊を忘るること莫かれ

この心は、『毛詩3)』にいはく、「孔子曰、甘棠莫伐。召伯之所宿也4)。(孔子曰く、甘棠伐ること莫かれ。召伯の宿りし所なり。)」といへることなり。

翻刻

後三条院東宮にておはしましける時学士実政朝臣
任国におもむきけるに餞別のなこりををしませ給て
御製かかりけるとかや/s102r
 州民縦作甘棠詠 莫忘多年風月遊
此心は毛詩云孔子曰甘棠莫伐泊之所宿也とい
へることなり/s102l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/102

1)
後三条天皇
2)
日野実政
3)
詩経
4)
「召伯」は底本「泊」。召伯は周の召公奭をいう。


text/chomonju/s_chomonju135.txt · 最終更新: 2020/02/18 16:11 by Satoshi Nakagawa