ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju134

古今著聞集 文学第五

134 村上帝隠れさせ給ひて後枇杷大納言延光卿朝夕恋しく思ひ奉りて・・・

校訂本文

村上帝1)隠れさせ給ひて後、枇杷大納言延光卿2)、朝夕恋しく思ひ奉りて、御形見の色を一生脱ぎ給はざりけり。

ある夜の夢に、御製を賜ひける。

 月輪日本雖相別 月輪と日本と相別るといへども

 温意清涼昔至誠3) 温意(おもひおこす4))清涼昔より至誠

 兜率最高帰内院 兜率最も高く内院に帰す

 如今於彼語卿名 如今(いま)彼(かしこ)に於て卿が名を語る

大納言、夢覚めて、驚きてこれに和し奉る。

 再拝聖顔一寝程5) 聖顔を再拝す一寝の程 

 恩言芳処奏中情 恩言芳しき処に中情を奏す

 夢中如覚夢中事6) 夢中にもし夢中の事と覚らば

 雖尽一生豈空驚7) 一生を尽すといへども豈に空しく驚かんや

翻刻

邑上帝かくれさせ給て後枇杷大納言延光卿あさゆふ
恋しく思たてまつりて御かたみの色を一生ぬき
給はさりけりある夜の夢に御製をたまひける
 月輪日本雖相別 温意清涼昔昔至誠
 兜率最高帰内院 如今於彼語卿名
大納言夢さめておとろきてこれに和したてまつる
 并拝聖顔一寝程 恩言芳処奏中情
 夢中如覚夢中事 雖尽一生豈驚/s102r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/102

1)
村上天皇
2)
源延光
3)
底本「昔昔」。衍字を見て一字削除。
4)
底本読み仮名に従う。
5)
「再」は底本「并」。諸本により訂正。
6)
底本「如」に「モシ」と読み仮名。
7)
底本「空」なし。諸本により補う。


text/chomonju/s_chomonju134.txt · 最終更新: 2020/02/18 14:30 by Satoshi Nakagawa