ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju123

古今著聞集 文学第五

123 勧学院の学生ども集まりて酒宴しけるにおのおの議しける・・・

校訂本文

勧学院の学生(がくしやう)ども、集まりて酒宴しけるに、おのおの議しける。「年歯(としは)・座次(ざなみ)をもいはず、才の次第に座には着くべし1)」と定めてけり。

しかるを、隆頼2)、進みて着きてけり。傍輩(はうばい)ども、「さうなくは、いかに着くぞ」と言ひければ、隆頼、答へけるは、「『文選』三十巻・四声の『切韻』、暗誦の者あらば、すみやかに隆頼ゐ下るべし」と言ひたりけるに、傍輩ども、みな口を閉ぢて、あへて言ふことなかりけり。

この隆頼は無双の才人なりけり。学頭になりたりけり。学問料を心にかけてのぞみけれども、つひにかなはざりけり。

申文に、

 対夏暦押甲子、老自淮陽3)之一老。 夏暦に対して甲子を押せば、准陽の一老より老ゆ。

 取明鏡見鬢鬚4)、皓自商山之四皓。 明鏡を取りて鬢鬚を見れば、商山の四皓より皓(しろ)し。

と書きたる者なり。この句、ことなる秀句にて、人口にあるものなり。

翻刻

勧学院の学生ともあつまりて酒宴しけるにをのをの/s95l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/95

儀しける年歯座次をもいはす才の次第に座には着
つしとさためてけりしかるを隆頼すすみてつきてけり
傍輩とも左右なくはいかにつくそといひけれは隆頼こたへ
けるは文選三十巻四声の切韻暗誦のものあらはすみ
やかに隆頼ゐくたるへしといひたりけるに傍輩とも
みな口をとちてあへていふことなかりけりこの隆頼は無
双の才人なりけり学頭になりたりけり学問料を
心にかけてのそみけれともつゐにかなはさりけり申文に
対夏暦押甲子老自准陽之一老取明鏡見鬢鬚(眉イ)
皓白商山之四皓と書たる者也此句ことなる秀句
にて人口にあるものなり/s96r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/96

1)
「着くべし」は底本「着つし」。諸本により訂正。
2)
惟宗隆頼
3)
「淮陽」は底本「准陽」。文脈により訂正。
4)
底本、「鬚」に「眉イ」と異本注記。


text/chomonju/s_chomonju123.txt · 最終更新: 2020/02/15 18:36 by Satoshi Nakagawa