ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju117

古今著聞集 文学第五

117 いづれの年にか天下に疫病はやりたりけるにある人の夢に・・・

校訂本文

いづれの年にか、天下に疫病はやりたりけるに、ある人の夢に、文時三品(さんぼん)1)の家の前を、恐しげなる鬼神ども、みな拝して通りけるを、「あれは何といふことにて、かくはかしこまるぞ」と問ひければ、『隴山雲晴李将軍之在家2)(隴山雲晴れて李将軍の家に在り)。』と作りたる人の家をば、いかでかただ無礼(むらい)にて過ぐべき」と答へけり。

鬼神は心たしかにて、かく礼儀も深き3)によりて、文をも敬ふにこそ。一道に長ぜる人は、昔も今もかやうの不思議多く侍り。

翻刻

いつれの年にか天下に疫病はやりたりけるに或人の
夢に文時三品の家のまへをおそろしけなる鬼神
ともみな拝してとをりけるをあれはなにといふことにて
かくはかしこまるそととひけれは隴(瀧イ)山雲晴李将軍之
在家とつくりたる人の家をはいかてかたた無礼にて過
へきとこたへけり鬼神は心たしかにてかく礼儀もふる/s91l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/91

きによりて文をもうやまふにこそ一道に長せる
人はむかしもいまもかやうのふしきおほく侍り/s92r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/92

1)
菅原文時
2)
底本「隴」に「瀧イ」と傍注。
3)
「深き」は底本「ふるき」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju117.txt · 最終更新: 2020/02/08 21:47 by Satoshi Nakagawa