ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju114

古今著聞集 文学第五

114 晴後山川清といふことを以言つかうまつりけるに・・・

校訂本文

「晴後山川清。(晴れて後山川清し。)」といふことを、以言1)つかうまつりけるに、

 帰嵩鶴舞日高見 嵩に帰る鶴ひて日高く見ゆ

 飲渭竜昇雲不残 渭に飲む竜は昇りて雲残らず

と作りて、以言すなはち講師にて読み上げたるを、為憲朝臣2)その座に侍るが、聞きて書嚢3)に頭を入れて涙を流しけり、見る人、あるいは感じ、あるいは笑ひけり。

かの為憲は、文場ごとに嚢に抄物を入れて随身しけるを、書嚢とは名付けたりけり。

翻刻

晴後山川清といふことを以言つかうまつりけるに帰嵩
鶴舞日高見飲渭龍昇雲不残とつくりて以言/s90l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/90

すなはち講しにてよみあけたるを為憲朝臣其座に侍る
か聞て土嚢に頭を入てなみたをなかしけりみる人或は感し
或はわらひけり彼為憲は文場ことに嚢に抄物を
入て随身しけるを土嚢とは名つけたりけり/s91r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/91

1)
大江以言
2)
源為憲
3)
「書嚢」は底本「土嚢」。字形の類似による誤写とみて訂正。以下同じ。


text/chomonju/s_chomonju114.txt · 最終更新: 2020/02/07 11:13 by Satoshi Nakagawa