ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju106

古今著聞集 文学第五

106(序) 伏羲氏の天下に王としてはじめて書契を作りて・・・

校訂本文

伏羲氏(ふつきし)の天下に、王としてはじめて書契を作りて、縄を結びし政(まつりごと)にかへ給ひしより、文籍なれり。孔丘1)の仁義礼智信を広めしより、この道盛りなり。

書にいはく、「玉不琢不成器。人不学不知道。(玉琢(みが)かざれば器に成らず。人学ばざれば道を知らず。)2)」。

またいはく、「弘風導俗、莫尚於文、敷教訓民、莫善於学。(風を弘め俗を導くに、文より尚(たふと)きは莫(な)く、教へを敷き民を訓(おし)ふるに、学より善きは莫し。)」

文学の用たる、けだしかくのごとし。

翻刻

古今著聞集巻第四
  文学第五
伏羲氏の天下に王としてはしめて書契をつくり
て縄をむすひし政にかへ給しより文籍なれり孔丘の
仁義礼智信をひろめしより此道さかりなり書曰玉
不琢不成器人不学不知道又云弘風導俗莫尚
於文敷教訓民莫善於学文学の用たる蓋かくの
ことし/s88l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/88

1)
孔子
2)
底本、返り点・送り仮名あり。書き下し文に反映した。以下同じ。


text/chomonju/s_chomonju106.txt · 最終更新: 2020/02/03 22:52 by Satoshi Nakagawa