ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju097

古今著聞集 公事第四

97 仁平二年五月十七日最勝講行なはれけるに・・・

校訂本文

仁平二年五月十七日、最勝講行なはれけるに、中山内府1)、蔵人左衛門佐にて奉行せられけるに、二十一日結願の日、左大臣2)参り給ひて、御装束を見させ給ひけるに、九条大相国3)、大納言にておはしけり。資信中納言4)の左大弁とて参られたりけるが、講読師の座のたてやう例にたがひたるよし申されけるにつきて、左府5)、奉行の職事に仰せられて直されにけり。

左府、後に日記を見させ給ひけるに、もとの御装束たがはざりければ、僻説(へきせつ)にて直されつることを悔ひ給ひて、怠状(たいじやう)を書きて、職事のもとにつかはしける。正直なりける事かな。

翻刻

仁平二年五月十七日最勝講をこなはれけるに中山内
府蔵人左衛門佐にて奉行せられけるに廿一日結願日左
大臣まいり給て御装束を見させ給けるに九条太相国
大納言にておはしけり資信中納言の左大弁とて
参られたりけるか講読師座のたてやう例にたかゐたる/s82l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/82

よし申されけるにつきて左府奉行の職事におほせ
られてなをされにけり左府のちに日記をみさせ給ける
に本の御装束たかはさりけれは僻説にてなをされつる
事をくひたまひて怠状をかきて職事のもとにつかはし
ける正直なりける事かな/s83r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/83

1)
中山忠親
2) , 5)
藤原頼長
3)
藤原伊通
4)
藤原資信


text/chomonju/s_chomonju097.txt · 最終更新: 2020/02/01 13:46 by Satoshi Nakagawa