ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju095

古今著聞集 公事第四

95 久安三年十一月二十日豊明節会内大臣内弁を勤め給ひけるに・・・

校訂本文

久安三年十一月二十日、豊明節会(とよのあかりのせちゑ)、内大臣((藤原頼長。底本「宇治」と傍注。)、内弁を勤め給ひけるに、いまだ膝突(ひざつき)を敷かぬに、さうなく大外記を召されけり。左近将曹大名久季、まづ膝突を敷きて召したりけり。人々、称美することかぎりなし。後に大臣(おとど)、久季を召して感じ給ひけるとなん。

翻刻

久安三年十一月廿日豊明節会内大臣(宇治)内弁をつと
め給けるにいまた膝突をしかぬに無左右大外記を
めされけり左近将曹大名久季まつひさつきをしき
てめしたりけり人々称美する事かきりなし後
におとと久季をめして感給けるとなん/s82r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/82



text/chomonju/s_chomonju095.txt · 最終更新: 2020/02/01 12:46 by Satoshi Nakagawa