ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju094

古今著聞集 公事第四

94 寛治八年正月二日殿の臨時の客ありけるに・・・

校訂本文

寛治八年正月二日、殿1)の臨時の客ありけるに、左大臣の左大将2)・右大臣3)・内大臣4)参りたり。こと果てて、おのおの御馬引かれければ、三公5)、地に下りて拝し給ひけり。殿下、左府の随身府生下毛野敦久・右府の前駆三河権守盛雅6)を南階の前に召して、御衣(おんぞ)を脱ぎて賜はせけり。内大臣・中納言の中将7)、左右より進み寄り給ひて、紅(くれなゐ)の打袙(うちあこめ)・御単(おんひとへ)を繰り出だされけり。中納言の中将、伝へ取りて、御単をば敦久に賜ひ、打衣をは盛雅に賜ひけり。先規あれども時にのぞみて、面目ゆゆしくぞ侍りける。

次に中宮の御方8)、臨時の客に人々参り給ひけり。催馬楽(さいばら)・朗詠など果てて、散手(さんじゆ)・新靺鞨(しんまか)・其駒(そのこま)などに及びける。淵酔(えんずい)の興ためしなくや侍らん。

翻刻

寛治八年正月二日殿の臨時客ありけるに左大臣(俊房)
左大将右大臣(房顕房歟)内大臣(後二条)参たり事はてて各御馬ひかれ
けれは公地に下て拝し給けり殿下左府随身府
生下毛野敦久右府前駆参川権守盛雅を南階の
前にめして御衣をぬきてたまはせけり内大臣中納言
中将左右よりすすみより給てくれなゐのうちあこめ御
ひとへをくりいたされけり中納言中将つたへとりて御/s81l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/81

単をは敦久にたまひ打衣をは盛雅に給けり先
規あれとも時にのそみて面目ゆゆしくそ侍ける次中
宮御方臨時客に人々まいり給けり催馬楽朗詠なと
はてて散手新靺鞨其駒なとにをよひける渕酔の
興ためしなくや侍らん/s82r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/82

1)
藤原師実
2)
源俊房。底本「俊房」と傍注。
3)
源房顕。底本「房顕房歟」と傍注。
4)
藤原師通。底本「後二条」と傍注。
5)
「三公」は底本「三」なし。諸本により補う。
6)
源盛雅
7)
藤原忠実。師通の子。
8)
後三条天皇皇女篤子内親王


text/chomonju/s_chomonju094.txt · 最終更新: 2020/02/01 12:24 by Satoshi Nakagawa