ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju082

古今著聞集 政道忠臣第三

82 匡房中納言は太宰権帥になりて任に赴かれたりけるに・・・

校訂本文

匡房中納言1)は、太宰権帥になりて任に赴かれたりけるに、道理にて取りたる物をば舟一艘に積み、非道にて取りたる物をばまた一艘に積みて上(のぼ)られけるに、道理の舟は入海してけり。非道の舟、平らかに着きてければ、江帥(がうのそつ)言はれけるは、「世は早く末になりにたり。人いたく正直なるまじきなり」とぞ侍りける。それを悟らむがために、かく積みて上らせられけるにや。

昔中ごろだにかやうに侍りけり。末代よくよく用心あるべきことなり。

翻刻

匡房中納言は太宰権帥になりて任におもむかれたり
けるに道理にてとりたる物をは舟一艘につみ非道
にてとりたる物をは又一艘につみてのほられけるに道理の
舟は入海してけり非道の舟たひらかにつきてけれは
江帥いはれけるは世ははやくすゑになりにたり人いたく
正直なるましき也とそ侍けるそれをさとらむか為に
かくつみてのほせられけるにや昔なか比たにかやうに
侍けり末代よくよく用心あるへきことなり/s76l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/76

1)
大江匡房


text/chomonju/s_chomonju082.txt · 最終更新: 2020/01/28 16:17 by Satoshi Nakagawa