ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju075

古今著聞集 政道忠臣第三

75 神泉苑正殿を乾臨閣と名付けて近衛の次将を別当にして・・・

校訂本文

神泉苑正殿を乾臨閣と名付けて、近衛の次将(すけ)を別当にして、天子常に遊覧ありて、風月の興、絃管の遊びありけり。また、宴飲1)も侍りけるを、延喜2)の御時、天神3)の臣下にておはしましける時、いさめ奉られければ、とどまりにけり。

寛平の遺訓4)にも、

春風秋月、若無実事、幸神泉北野、且翫風月、且調文武。不可一年並幸。又大熱大寒慎之。
春風秋月、実事無きがごとくんば、神泉・北野に幸し、且つは風月を翫(もてあそ)び、且つは文武を調へよ。一年に並幸すべからず。また大熱・大寒はこれを慎む。

と侍り。

翻刻

たまひけるやむことなき事也神泉苑正殿を乾臨
閣と名つけて近衛次将を別当にして天子つね
に遊覧ありて風月之興絃管之遊ありけり又/s73l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/73

宴領も侍けるを延喜御時天神の臣下にておはし
ましける時いさめたてまつられけれはととまりにけり
寛平の遺訓にも春風秋月若無実事幸神泉北
野且翫風月且調文武不可一年并幸又大熱大
寒慎之と侍り/s74r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/74

1)
「宴飲」は底本「宴領」。諸本により訂正。
2)
醍醐天皇
3)
菅原道真
4)
『寛平御遺誡』を指すと思われるが、以下の文は現存本にない。


text/chomonju/s_chomonju075.txt · 最終更新: 2020/01/27 20:50 by Satoshi Nakagawa