ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju062

古今著聞集 釈教第二

62 鎌倉右大将上洛の時天王寺へ参らせられたりける・・・

校訂本文

鎌倉右大将1)上洛の時、天王寺へ参らせられたりける。その時は鳥羽宮2)別当にてなんおはしける。

御対面ありけるに、幕下申されけるは、「頼朝が一期(いちご)に不思議一度候ひき。善光寺の仏礼し奉ること二度なり。その内初めは定印にておはしましき。次のたびは来迎の印にておはしまし候ふ。すべてこの仏、昔より印相定まり給はぬよし申し伝へて候へど、まさしく証を見奉りて候ひし」と申されけり。

「かの幕下は、ただ人にはあらざりける」とぞ、宮仰せられける。

翻刻

鎌倉右大将上洛の時天王寺へ参せられたりけるその時は
鳥羽宮別当にてなんおはしける御対面ありけるに幕下
申されけるは頼朝か一期に不思議一度候き善光寺仏
礼し奉る事二度也其内はしめは定印にておはし
ましき次のたひは来迎の印にておはしまし候すへ
て此仏昔より印相さたまり給はぬよし申つたへて
候へとまさしく証をみたてまつりて候しと申されけり
彼幕下はたた人にはあらさりけるとそ宮仰られける/s57l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/57

1)
源頼朝
2)
後白河天皇皇子定恵法親王


text/chomonju/s_chomonju062.txt · 最終更新: 2020/01/22 23:11 by Satoshi Nakagawa