ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju061

古今著聞集 釈教第二

61 解脱房遁世の後壺坂の僧正のもとに湯治のために忍びて・・・

校訂本文

解脱房1)遁世の後、壺坂の僧正2)のもとに、湯治のために忍びて湯の刻限を待つほど、ある人の部屋に立ち隠れてゐたりけるに、法文宗義を談じけるに、解脱房忍びておはすると言ひければ、すなはちこの義を問ひたりければ、返り事に、

  いにしへはふみ見しかども白雪の深き道には跡もおぼえず

かく詠みて答へたりけり。

翻刻

解脱房遁世の後壺坂の僧正のもとに湯治のために
忍て湯の剋限を待程或人の部屋に立かくれてゐた
りけるに法文宗義を談しけるに解脱房忍ておは
するといひけれは即此義を問たりけれは返事に/s57r
 古はふみみしかとも白雪の深き道には跡もおほえす
かくよみてこたへたりけり/s57l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/57

1)
貞慶
2)
覚憲


text/chomonju/s_chomonju061.txt · 最終更新: 2020/01/22 22:56 by Satoshi Nakagawa