ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju059

古今著聞集 釈教第二

59 承安二年三月十五日六波羅の太政入道福原にて持経者千僧にて法華経を・・・

校訂本文

承安二年三月十五日、六波羅の太政入道1)、福原にて、持経者千僧にて、法華経を転読することありけり。件(くだん)の経以下御布施まで、諸院・宮・上達部・殿上人・北面までも、蔵人右少弁親宗2)が奉行にて進めけり。

法皇3)御幸なりて、その一口(いつこう)に入らせおはしましけり。法印三人が下(しも)に御行道(ぎやうだう)ありけり。諸国の土民、結縁のために、あるいは針、あるいは餅四五枚などを引きけり。法皇も受けさせ給ひけり。浜に仮屋(かりや)を作りて、道場にはせられたり。仏は一千体ぞおはしましける。

また、四十八壇の阿弥陀護摩もありけり。法皇もその中に加はらせ給ひけり。十七日まで、三ヶ日にぞ転読し奉りける。導師法印公顕、勧賞(けんじやう)に僧正になされにけり。

公顕僧正、上洛の後、師匠の法印公舜、弟子に越えられながら、悦びのために来たりけるに、公顕、申されけるは、「まづなし参らせてこそまかりなるべきに、内外につきてその恐れ侍り。さりながら、上(かみ)ならせ給はば、僧正の4)上(かみ)に居奉らんこと、驚くべきにあらず。法印として僧正の弟子を持ちて、上に居たらんこそ希代のことにて侍らめ」と、こしらへけり。

法印帰る時、庭中まで出でければ5)、法印、泣く泣く謝せられけるとぞ。

翻刻

承安二年三月十五日六波羅太政入道福原にて持経者
千僧にて法華経を転読する事ありけり件経以下
御布施まて諸院宮上達部殿上人北面まても蔵人
右少弁親宗か奉行にてすすめけり法皇御幸成て
其一口にいらせおはしましけり法印三人かしもに御行道
ありけり諸国の土民結縁のために或は針或は餅四五
枚なとを引けり法皇もうけさせ給けり浜にかり屋を
作て道場にはせられたり仏は一千体そおはしまし/s56r
ける又四十八壇の阿弥陀護摩も有けり法皇も其中に
くははらせ給けり十七日まて三ヶ日にそ転読し奉り
ける導師法印公顕勧賞に僧正になされにけり公顕
僧正上洛の後師匠の法印公舜弟子に越られなから
悦のためにきたりけるに公顕申されけるはまつなし
まいらせてこそまかりなるへきに内外に就て其恐侍り
さりなからかみならせ給はは僧正の僧正の上に居たてまつ
らん事おとろくへきにあらす法印として僧正の弟子
をもちて上に居たらんこそ希代の事にて侍らめと
こしらへけり法印帰る時庭中まてけれは法印なくなく
謝せられけるとそ/s56l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/56

1)
平清盛
2)
平親宗
3)
後白河法皇
4)
「僧正の」は底本「僧正の僧正の」。諸本により削除。
5)
「出でければ」は底本「けれは」。諸本により補う。


text/chomonju/s_chomonju059.txt · 最終更新: 2020/01/22 21:48 by Satoshi Nakagawa