ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju057

古今著聞集 釈教第二

57 西行法師大峰を通らんと思ふ志深かりけれども・・・

校訂本文

西行法師、大峰を通らんと思ふ志深かりけれども、入道の身にては常ならぬことなれば、思ひ煩ひて過ぎ侍りけるに、宗南坊僧都行宗、そのことを聞きて、「何か苦しからん。結縁のためには、さのみこそあれ」と言ひければ、悦びて思ひ立ちけり。「かやうに候ふ非人の、山伏の礼法正しうして通り候はんことは、すべてかなふべからず。ただ何事をも免じ給ふべきならば、御供つかまつらん」と言ひければ、宗南房、「そのことはみな存知し侍り。人によるべきことなり。疑ひあるべからず」と言ひければ、悦びて、すでに具して入りけり。

宗南坊、さしもよく約束しつる旨(むね)をみな背きて、礼法を厳しくして、責めさいなみて、人よりもことに痛めければ、西行、涙を流して、「われは、もとより名聞を好まず、利養を思はず。ただ結縁のためにとこそ思ひつることを、かかる憍慢(けうまん)の職にて侍りけるを知らで、身を苦しめ心をくだくことこそ悔しけれ」とて、さめざめと泣きけるを、宗南坊聞きて、西行を呼びて言ひけるは、「上人、道心堅固にして、難行苦行し給ふことは、世もつて知れり。人もつて帰せり。そのやんごとなきにこそ、この峰をば許し奉れ。先達の命にしたがひて、身を苦しめて木をこり、水を汲み、あるいは勘発(かんほつ)の言葉を聞き、あるいは杖木(ぢやうぼく)を蒙る、これすなはち地獄の苦をつぐのふなり。日食少しきにして飢ゑ忍びがたきは、餓鬼の悲しみを報ふなり。また重き荷をかけて、さかしき嶺を越え、深き谷を分くるは、畜生の報をい果たすなり。かくひねもすに夜もすがら身をしぼりて、暁懺法(せんぽふ)を読みて、罪障を消除するは、すでに三悪道の苦患を果たして、早く無垢無悩の宝土に移る心なり。上人、出離生死の思ひありといへども、この心をわきまへずして、みだりがはしく名聞利養の職なりと言へること、はなはだ愚かなり」と恥かしめければ、西行、掌(たなごころ)を合はせて、随喜の涙を流しけり。「まことに愚痴にして、この心を知らざりけり」とて、過(とが)を悔いて退きぬ。

その後は、ことにおきてすくよかに、かひがひしくぞ振舞ひける。もとより身はしたたかなれば、人よりもことにぞ仕へける。この言葉を帰伏して、また後にも通りたりけるとぞ。大峰二度の行者なり。

翻刻

西行法師大峯をとをらんと思ふ志ふかかりけれとも入道の
身にてはつねならぬ事なれは思煩て過侍けるに宗南坊
僧都行宗其事を聞て何かくるしからん結縁のためには
さのみこそあれといひけれは悦て思立けりかやうに候非人
の山臥の礼法たたしうしてとをり候はん事はすへて叶
へからすたた何事をもめんし給ふへきならは御ともつかま
つらんといひけれは宗南房其事はみな存知し
侍り人によるへき事也疑あるへからすといひけれは悦て
すてにくして入けり宗南坊さしもよく約束しつる旨
をみなそむきて礼法をきひしくしてせめさいなみて
人よりもことにいためけれは西行涙を流して我は/s54r
本より名聞をこのます利養を思はす只結縁の為
にとこそ思つる事をかかる憍慢の職にて侍けるをしら
て身をくるしめ心をくたく事こそ悔しけれとてさめさめと
なきけるを宗南坊ききて西行をよひていひけるは上人
道心堅固にして難行苦行し給事は世以しれり人以帰
せり其やんことなきにこそ此峯をはゆるしたてま
つれ先達の命に随て身をくるしめて木をこり水を
くみ或は勘発の詞をきき或は杖木を蒙るこれ則
地獄の苦をつくのふ也日食すこしきにしてうへ忍ひか
たきは餓鬼のかなしみをむくふ也又おもき荷をかけ
てさかしき嶺をこえ深き谷をわくるは畜生の報を/s54l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/54

はたす也かくひねむすに夜もすから身をしほりて暁
懺法をよみて罪障を消除するは已に三悪道の苦
患をはたして早無垢無悩の宝土にうつる心也上人
出離生死の思ありといへとも此心をわきまへすして
みたりかはしく名聞利養の職也といへる事甚愚也と
恥しめけれは西行掌を合て随喜の涙をなかしけり誠に
愚痴にして此心をしらさりけりとてとかを悔てしりそ
きぬ其後はことにをきてすくよかにかひかひしくそ振
舞けるもとより身はしたたかなれは人よりもことにそつ
かへける此詞を帰伏して又後にもとをりたりけるとそ
大峯二度の行者也/s55r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/55



text/chomonju/s_chomonju057.txt · 最終更新: 2020/01/22 21:24 by Satoshi Nakagawa