ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju054

古今著聞集 釈教第二

54 少将の聖も大原山の住人なり・・・

校訂本文

少将の聖1)も大原山の住人なり。三十余年常行三昧を行せられける間に、毘沙門天王、形をあらはして上人を守護し給ひけり、その影像を等身に図絵して、今に勝林院に安置せられたるなり。

この上人、臨終の時は、勝林院に常行三昧行ひける時、西方より紫雲現じて、堂の内へ入ると見るほどに、肉身ながら見えず。即身成仏の人にや。(往生伝にはかくはなし。委しくこれを尋ぬべし。)

翻刻

少将の聖も大原山住人也卅餘年常行三昧を行せ/s51l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/51

られける間に毘沙門天王形をあらはして上人を守
護し給けり其影像を等身に図絵していまに勝林
院に安置せられたるなり此上人臨終の時は勝林院
に常行三昧行ける時西方より紫雲現して堂の
内へ入とみる程に肉身なから見えす即身成仏の人
にや(往生伝にはかくはなし委可尋之)/s52r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/52

1)
源時叙・寂源


text/chomonju/s_chomonju054.txt · 最終更新: 2020/01/19 16:56 by Satoshi Nakagawa