ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju049

古今著聞集 釈教第二

49 一条院大僧都定昭は法相宗兼学の人なり・・・

校訂本文

一条院大僧都定昭は法相宗兼学の人なり。天元二年二月九日、金剛峰寺1)座主に補して、同じき十二月二十一日、大僧都に転ず。四年八月十四日、東寺の長者、興福寺等別当を辞し申しける状にいはく、

  興福寺・東寺・金剛峰寺別当職事
右定昭、従若年之時、誦法華一乗、修念仏三昧。先年蒙往生極楽之記而、近曽夢中見可堕悪趣之由。定知、依件等寺務所示現也。如往年告為往生極楽、謹辞如件。
(右定昭、若年の時より、法華一乗を誦し、念仏三昧を修す。先年往生極楽之記蒙りて、近曽(さいつころ)夢中に悪趣に堕つべきの由を見る。定めて知る、件等の寺務に依りて示現する所なり。往年の告の如く往生極楽せんが為に、謹んで辞すること件の如し。)
  天元四年八月十四日    大僧都定昭

この僧都、一条院の庭前に一株の橘の樹あり、久しくして枯木となりにけり。大仏頂呪2)一反(いっぺん)を誦して、加持の間、すなはち花葉を出だしけり。

また舟に乗りて上洛しける時、天童十人出現して、舟をになひて岸に着しけり。僧都は「これ、十羅刹のわれを救ひ給ふぞ」と申しける。また不動明王も形を現じて擁護(おうご)し給ひけるとなん。

永観元年三月廿三日入滅す。右手に五鈷を持ち、左手に一乗経を持つ。初めは密印を結び、後には法華経を誦す。薬王品に至りて、「於此命終即往安楽世界乃至恒河沙等諸仏如来」の文3)を両三反誦して、弟子に告げていはく、「わが白骨4)なほ法華経を誦して、すべからく一切を渡すべし」と言ひて、定印を結びて、居ながら終りにけり。

その後、墓内に経を誦する声聞こえけり。また鈴の声なども聞こえけるとなん。

翻刻

一条院大僧都定昭は法相宗兼学の人也天元二年/s44r
二月九日金剛峰寺座主に補して同十二月廿一日大僧都
に転す四年八月十四日東寺長者興福寺等別当を
辞し申ける状云
  興福寺東寺金剛峰寺別当職事
右定昭従若年之時誦法華一乗修念仏三昧先年
蒙往生極楽之記而近曽夢中見可堕悪趣之由定
知依件等寺務所示現也如往年告為往生極楽謹辞
如件
  天元四年八月十四日    大僧都定昭
此僧都一条院庭前に一株の橘の樹あり久しくして
枯木と成にけり大仏頂呪一反を誦して加持の間則/s44l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/44

花葉を出しけり又舟に乗て上洛しける時天童十
人出現して舟をになひて岸に著けり僧都は是
十羅刹の我を救給そと申ける又不動明王も現形
して擁護し給けるとなん永観元年三月廿三日入滅
右手に五鈷をもち左手に一乗経をもつ初は密印を
むすひ後には法華経を誦す薬王品に至て於此命終
即往安楽世界(乃/至)恒河沙等諸仏如来の久を両三反誦
して弟子に告て云我自骨猶法華経を誦してすへから
く一切を渡すへしと云て定印を結て居なから終にけ
り其後墓内に経を誦するこゑきこえけり又鈴
の声なともきこえけるとなん/s45r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/45

1)
高野山金剛峰寺
2)
首楞厳経の陀羅尼
3)
「文」は底本「久」。諸本により訂正
4)
「白骨」は底本「自骨」。諸本により訂正


text/chomonju/s_chomonju049.txt · 最終更新: 2020/01/13 23:00 by Satoshi Nakagawa