ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju047

古今著聞集 釈教第二

47 念仏三昧修することは上古には稀なりけり・・・

校訂本文

念仏三昧修することは、上古には稀(まれ)なりけり。天慶よりこのかた、空也上人勧め給ひて、道場聚落(しゆうらく)この行盛んにて、道俗男女あまねく称名をもつぱらにしけり。これしかしながら上人化度衆生の方便なり。

市の柱に書き付け給ひける、

  一度(ひとたび)も南無阿弥陀仏と言ふ人の蓮(はちす)の上にのぼらぬはなし

翻刻

念仏三昧修する事は上古には稀也けり天慶より
このかた空也上人すすめ給て道場聚落比行盛にて道
俗男女普く称名を専にしけり是併上人化度衆生
の方便也市の柱にかきつけ給ける/s43l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/43

  一たひも南無阿弥陀仏といふ人の蓮の上にのほらぬはなし/s44r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/44



text/chomonju/s_chomonju047.txt · 最終更新: 2020/01/13 18:44 by Satoshi Nakagawa