ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju041

古今著聞集 釈教第二

41 聖宝僧正十六にて出家して始めて元興寺にて三論の法文を学び・・・

校訂本文

聖宝僧正、十六にて出家して、始めて元興寺にて三論の法文を学び、後に東大寺にて法相・華厳の法文を修学す。

東大寺の東坊第二の室は、本願の時より、「鬼神の住む」とて、内作もなくて、荒室と名付けて住む人もなかりけるを、この僧正いまだ若かりける時、居所のなかりければ、かの室に住みけり。鬼神さまざまの形を現じけれども、かなはでつひに去りにけり。

その後、一門の僧、相継ぎて居住して、修学今に絶えずとなん。

翻刻

聖宝僧正十六にて出家して始て元興寺にて三論の
法文を学後に東大寺にて法相花厳の法文を修学
す東大寺の東坊第二の室は本願の時より鬼神
のすむとて内作もなくて荒室となつけて住人もなか
りけるを此僧正いまた若かりける時居所のなかりけれは
彼室にすみけり鬼神さまさまの形を現しけれともかな
はて終に去にけり其後一門の僧相継て居住して修学/s36l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/39

今にたえすとなん/s40r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/40



text/chomonju/s_chomonju041.txt · 最終更新: 2020/01/11 22:03 by Satoshi Nakagawa