ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju034

古今著聞集 釈教第二

34(序) 地神の末に当たりて釈迦如来天竺に出で給ひけり・・・

校訂本文

地神1)の末に当たりて、釈迦如来、天竺に出で給ひけり。鷲嶺(じゆれい)2)に月隠れ、鶴林に煙尽きて、一千四百八十年に当たりて、我朝第三十代欽明天皇十三年に、百済国より始めて金銅釈迦像・経論・幡蓋(ばんがい)等を奉りけり。

御門喜ばせ給ひて、崇め給ひけるを、物部大臣等、わが国は神国なるゆゑをもて、傾(かたぶ)け奏し申しければ、仏像を難波の堀江に流し捨てて、伽藍を焼き払はれにけり。しかる間、空より火下りて、内裏焼けにけり。

敏達3)・用明4)・崇峻天皇三代の間、邪信あひまじはりて、帰依いまだあまねからず。推古天皇の御宇、厩戸豊耳皇子(うまやどとよみみのみこ)5)、東圍の位にそなはり、南面の尊に代はりて、もつぱら万機の政教を垂れて、仏法の興隆をいたし給へり。それよりこの方、仏法弘通(ぐつう)して、効験絶ゆることなし。

翻刻

古今著聞集巻第二
  釈教第二
地神のすゑに当て尺迦如来天竺に出給けり鷲嶺
に月かくれ鶴林に煙つきて一千四百八十年に当て
我朝第卅代欽明天皇十三年に百済国より始て金
銅釈迦像経論幡蓋等をたてまつりけり御門よろ
こはせ給てあかめ給ひけるを物部大臣等我国は神国
なる故をもてかたふけ奏申けれは仏像を難波堀
江になかしすてて伽藍を焼払はれにけりしかるあひた
空より火くたりて内裏やけにけり敏達用明崇峻天
皇三代の間邪信あひましはりて帰依いまたあまね/s29l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/29

から推古天皇御宇厩戸豊耳皇子東圍の位に
そなはり南面の尊にかはりて専万機の政教をたれ
て仏法の興隆をいたし給へりそれよりこのかた仏法弘
通して効験たゆることなし/s30r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/30

1)
鸕鶿草葺不合尊
2)
霊鷲山
3)
敏達天皇
4)
用明天皇
5)
聖徳太子


text/chomonju/s_chomonju034.txt · 最終更新: 2020/01/05 02:12 by Satoshi Nakagawa