ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju032

古今著聞集 神祇第一

32 二条宰相雅経卿は賀茂大明神の利生にて成りあがりたる人なり・・・

校訂本文

二条宰相雅経卿1)は賀茂大明神の利生にて成りあがりたる人なり。

そのかみ、世間あさましく絶え絶えしくて、はかばかしく家など持たざりければ、花山院の釣殿に宿して、それより歩行(かち)にて、降るにも照るにも、ただ賀茂へ参るをもて勤めとしてけり。そのころ詠み侍りける。

  世の中に数ならぬ身の友千鳥なきこそ渡れ賀茂の河原に

この歌、心の中(うち)ばかりに思ひつらねて、世に散らしたることもなかりけるに、社司2)が夢に、大明神、「われは、『なきこそ渡れ数ならぬ身に』と詠みたるもののいとほしきなり。尋ねよ」と示し給ひけり。それよりあまねく尋ねければ、この雅経の詠みたるなりけり。この示現聞きて、いかばかりいよいよ信仰の心も深かりけん。

さて次第に成りあがりて、二位宰相まで上り侍り。これしかしながら大明神の利生なり。

翻刻

二条宰相雅経卿は賀茂大明神の利生にて成あかり
たる人也そのかみ世間あさましくたえたえしくてはかはかしく
家なともたさりけれは花山院の釣殿に宿してそれより
歩行にてふるにもてるにも只賀茂へまいるをもてつと
めとしてけり其比よみ侍ける/s27l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/27

  世の中に数ならぬ身の友千鳥なきこそわたれかもの河原に
この謌心の中はかりに思つらねて世にちらしたる
事もなかりけるに社司(忘布其名)か夢に大明神われはなき
こそわたれ数ならぬ身にとよみたるもののいとをしき也
たつねよとしめし給けりそれよりあまねく尋けれはこ
の雅経のよみたるなりけり此示現ききていか斗弥
信仰の心も深かりけんさて次第に成あかりて二位宰相
まてのほり侍り是併大明神の利生也/s28r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/28

1)
飛鳥井雅経
2)
底本、社司の下に「忘布/其名」と注。「其の名を忘却す」か。


text/chomonju/s_chomonju032.txt · 最終更新: 2020/01/17 01:20 by Satoshi Nakagawa