ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju029

古今著聞集 神祇第一

29 承元四年正月十六日大外記良業死たりける・・・

校訂本文

承元四年正月十六日、大外記良業1)死にたりける。十六日の暁、河内守繁雅2)が夢に、賀茂の御前にて、除目行なはるる気色なりけるに、小折紙に「大外記中原師方」と書かれたりと見て、覚めにけり。

急ぎこのよし、師方に告げたりければ、多年つかふまつりたるしるしと覚えて、かたじけなく憑(たの)もしく覚えけるに、やがて、その夜大外記になりにけり。

先に、助教仲隆3)・助教師高4)・師季5)など競望しける上、師方は大監物にて、いまだ儒官を経ざりければ、「直ちに拝任いかが」と沙汰ありけり。

重代稽古の者なりけれども、引き立つる人もなかりけるに、かたじけなくも神恩をかぶりて、先途を達してける、目出たきほどの者なりける。

翻刻

承元四年正月十六日大外記良業死たりける十六日
の暁河内守繁雅か夢に賀茂の御前にて除目おこ
なはるるけしき成けるに小折紙に大外記中原師方と
かかれたりとみて覚にけりいそき此由師方に告たりけれ
は多年つかふまつりたるしるしと覚て忝憑もしく
覚けるに軈其夜大外記に成にけりさきに助教仲隆
助教師高師季なと競望しけるうへ師方は大監物にてい/s26r
また儒官をへさりけれは直に拝任いかかと沙汰ありけり重代
稽古のものなりけれとも引たつる人もなかりけるに忝
神恩をかふりて先途を達してける目出程のものなりける/s26l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/26

1)
清原良業
2)
平繁雅
3)
清原仲隆
4)
中原師高
5)
中原師季


text/chomonju/s_chomonju029.txt · 最終更新: 2020/01/14 13:25 by Satoshi Nakagawa