ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju027

古今著聞集 神祇第一

27 熊野に盲の者斎灯をたきて眼の明かならん事を祈るありけり・・・

校訂本文

熊野に盲(めしひ)の者、斎灯をたきて、眼の明かならん事を祈るありけり。

この勤め三年になりにけれども、しるしなかりければ、権現を恨み参らせて、うち臥したる夢に、「汝が恨むるところ、そのいはれなきにあらねども、先世の報いを知るべきなり。汝は日高川の魚にてありしなり。かの河の橋を道者渡るとて、『南無大悲三所権現』と、上下の諸人、唱へ奉る声を聞きて、その縁によりて、魚鱗の身をあらためて、たまたま受けがたき人身を得たり。この斎灯の光に当る縁をもて、また来世に明眼を得て、次第に昇進すべきなり。このことをわきまへずして、みだりに我を恨むる、愚かなり」と、恥ぢしめ給ふと見て覚めにけり。

その後、懺悔して、一期を限りてこの役を勤めけるほどに、眼も開きにけり。

翻刻

熊野に盲のもの斎灯をたきて眼のあきらかならん
事を祈るありけり此勤三年に成にけれともしるし
なかりけれは権現を恨まいらせて打ふしたる夢に汝が恨る/s25r
所そのいはれなきにあらねとも先世の報をしるへき也
汝は日高河の魚にてありしなり彼河の橋を道者
わたるとて南無大悲三所権現と上下諸人唱奉る声
をききて其縁によりて魚鱗の身をあらためて適う
けかたき人身を得たり此斎灯の光にあたる縁を
もて又来世に明眼をえて次第に昇進すへき也此事を
わきまへすしてみたりに我を恨るおろかなりとはち
しめ給とみてさめにけり其後懺悔して一期をかき
りて此役を勤ける程に眼も開にけり/s25l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/25



text/chomonju/s_chomonju027.txt · 最終更新: 2020/01/14 13:18 by Satoshi Nakagawa