ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju026

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:chomonju:s_chomonju026 [2019/07/01 19:00]
Satoshi Nakagawa [翻刻]
text:chomonju:s_chomonju026 [2020/01/14 13:17] (現在)
Satoshi Nakagawa
ライン 1: ライン 1:
-古今著聞集 神祇第一+[[index.html|古今著聞集]] 神祇第一
 ====== 26 俊乗房東大寺建立の願を発してその祈請のために大神宮に詣でて・・・ ====== ====== 26 俊乗房東大寺建立の願を発してその祈請のために大神宮に詣でて・・・ ======
  
 ===== 校訂本文 ===== ===== 校訂本文 =====
  
-俊乗房、東大寺建立の願を発して、その祈請のために大神宮に詣でて、内宮に七箇日参籠、七日満つ夜の夢に、宝珠を給はると見侍りけるほどに、その朝、袖より白珠落ちたりけり。目出たく忝(かたじけな)く思ひて、包みて持ちて出でぬ。+俊乗房、東大寺建立の願を発して、その祈請のために大神宮((伊勢神宮))に詣でて、内宮に七箇日参籠、七日満つ夜の夢に、宝珠を給はると見侍りけるほどに、その朝、袖より白珠落ちたりけり。目出たく忝(かたじけな)く思ひて、包みて持ちて出でぬ。
  
 さて、また外宮に七日参籠、前(さき)のごとく、七日満つ夜の夢に、また前のごとく珠を給はられけり。末代といへども、信力の前に神明感応を垂れ給ふこと、かくのごとし。 さて、また外宮に七日参籠、前(さき)のごとく、七日満つ夜の夢に、また前のごとく珠を給はられけり。末代といへども、信力の前に神明感応を垂れ給ふこと、かくのごとし。


text/chomonju/s_chomonju026.txt · 最終更新: 2020/01/14 13:17 by Satoshi Nakagawa