ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju023

古今著聞集 神祇第一

23 興福寺の僧のいまだ僧綱などには上らざりけるが・・・

校訂本文

興福寺の僧の、いまだ僧綱(そうがう)などには上らざりけるが、学生にては侍りけれども、いと貧しかりければ、春日社1)に参りて申しけれども、そのしるしもなかりければ、寺のまじらひも思ひ絶えて、八幡2)に詣でて、七日籠りて祈念しけるに、ある夜、夢にゆゆしげなる客人の参り給へりけるに、大菩薩、御対面あるよしなり。

客人、「某と申す僧や籠りて候ふ」と申し給ひければ、「さる事は、」と答へ申させ給ひけり。また、客人のたまはく、「件3)の僧、年ごろ我を憑(たの)みて、朝夕責め候ひつれども、今度必ず出離すべき者なり。もし、『楽しみに誇りなば、いかが』と思ひ候へば、ひかへて侍り。御許しあるまじく候ふ」と申させ給ひけり。この僧、この事を聞きて、「この客人は誰にて渡らせ給ふぞ」と、人に尋ねければ、「春日大明神の御渡りなり」と答へけり。

さて、夢覚めぬれば、今生の結縁も嬉しく、来世の得脱も頼もしくて、泣く泣く本寺に帰りて、他事なく後世のつとめを励みて、つひに往生を遂げにけり。

このこと、山4)の桓舜が稲荷の利生蒙りしを、日吉の妨げさせ給ひける例(ためし)に5)、少しも違はず侍りけり。

翻刻

興福寺の僧のいまた僧綱なとにはのほらさりけるか学
生にては侍けれともいとまつしかりけれは春日社に参て申
けれとも其しるしもなかりけれは寺のましらひも思た
えて八幡にまうてて七日こもりて祈念しけるに或夜
夢にゆゆしけなる客人のまいり給へりけるに大菩薩/s23r
御対面ある由なり客人某と申僧やこもりて候と申給
けれはさる事はと答申させ給けり又客人の給はく仲
僧年来我を憑て朝夕せめ候つれとも今度必出離す
へきものなりもしたのしみにほこりなはいかかと思候へはひ
かへて侍御ゆるしあるましく候と申させ給けり此僧この
事をききて此客人はたれにてわたらせ給そと人にたつね
けれは春日大明神の御渡なりと答けりさて夢さめ
ぬれは今生の結縁もうれしく来世の得脱もたのもしくて
泣々本寺に帰て他事なく後世のつとめをはけみてつゐ
に往生を遂にけり此事山の桓舜か稲荷の利生
蒙を日吉のさまたけさせ給けるためしに少しもたかはす侍けり/s23l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/23

1)
春日大社
2)
石清水八幡宮
3)
「件」は底本「仲」。諸本により訂正。
4)
比叡山延暦寺


text/chomonju/s_chomonju023.txt · 最終更新: 2020/01/14 13:11 by Satoshi Nakagawa