ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju019

古今著聞集 神祇第一

19 いつごろのことにか徳大寺の大臣熊野へ参り給ひける・・・

校訂本文

いつごろのことにか、徳大寺の大臣1)、熊野へ参り給ひける。

讃岐国知り給ひけるころなりければ、かれより人夫多く召しのぼせて侍りけるが、多く余りたりければ、少々返し下されける中に、ある人夫一人、頻(しき)りに歎き申しけるは、「高き君の御徳によりて、幸に熊野の御山拝み奉らんことを悦び思ひつるに、余され参らせて帰り下らんこと、悲しきことなり。ただまげて、召し具せさせ給へ」と、奉行の人に言ひければ、「さりとては、余りたれば、さのみは何の用にせんぞ」と言ひければ、泣く泣く愁へて、「ただ御功徳に食ばかりを申し与へ給へ。いかにも、宮づかひは仕り候ふべし」と、ねんごろに申しければ、哀れみて具せられけり。げにも、かひがひしく、宿々にては人も掟てねども、諸人が垢離(こり)の水を一人と汲みければ、「こりさほ2)」と名付けて、人々もあはれみけり。

さて、大臣参り着き給ひて、奉幣はてて、証誠殿の御前に通夜して、参詣のこと、随喜のあまりに、「大臣の身に、藁沓・脛巾(はばき)を着して、長途を歩き参りたる、ありがたき事なり」と心中に思はれて、ちとまどろまれたる夢に、御殿より高僧出で給ひて、仰られけるは、「大臣の身にて、藁沓・脛巾して参る、ありがたきことに思はるること、この山の習ひは、院・宮、みなこの礼なり。あながちに3)独り思はるべきことかは4)。こりさほのみぞ、いとほしき」と、仰せらるると見給ひて覚めにけり。

驚き恐て、そのさほのことを尋ねらるるに、「しかじか」と始めよりの次第申しければ、あはれみ給ひて、国に屋敷など、永代限りて宛て給ひけり。

いやしき下臈なれども、心をいたせば、神明あはれみ給ふこと、かくのごとし。

翻刻

いつ比の事にか徳大寺のおとと熊野へまいり給ける/s19l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/19

讃岐国しり給ひける比なりけれはかれより人夫おほくめし
のほせて侍けるかおほくあまりたりけれは少々返し下
されける中に或人夫一人頻に歎申けるはたかききみの
御徳によりて幸に熊野の御山をかみたてまつらんことを
悦思つるにあまされまいらせて帰下らん事かなしきこ
となりたたまけてめしくせさせ給へと奉行の人にいひ
けれはさりとてはあまりたれはさのみは何の用にせんそと
いひけれはなくなくうれへてたた御功徳に食はかりを申あた
へたまへいかにも宮つかひは仕候へしとねんころに申けれ
は哀て具せられけりけにもかひかひしく宿々にては
人もをきてねとも諸人かこりの水をひとりと汲けれはこりさほ/s20r
と名付て人々もあはれみけりさておととまいりつき給
て奉幣はてて証誠殿の御まへに通夜して参詣の
事随喜のあまりに大臣の身に藁沓ははきを着
して長途を歩まいりたるありかたき事やと心中
に思はれてちとまとろまれたる夢に御殿より高僧出
給て仰られけるは大臣の身にてわら沓ははきして
まいるありかたき事に思はるる事此山のならひは院宮
みなこの礼なりあなかるに独思はるへきことはこりさほ
のみそいとをしきとおほせらるると見給てさめにけり
驚恐てそのさほのことを尋らるるにしかしかとはしめ
よりの次第申けれはあはれみ給て国に屋敷なと永代/s20l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/20

限て宛給けりいやしき下臈なれとも心をいたせは神
明あはれみ給ふ事かくのことし/s21r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/21

1)
藤原実能
2)
垢離棹か
3)
底本「あなかる」
4)
底本「ことは」諸本により補う


text/chomonju/s_chomonju019.txt · 最終更新: 2020/01/12 23:27 by Satoshi Nakagawa