ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju014

古今著聞集 神祇第一

14 元永元年四月九日顕通大納言中納言右衛門督にて公卿勅使奉りて・・・

校訂本文

元永元年四月九日、顕通大納言1)、中納言右衛門督にて、公卿勅使奉りて下られけるに、いづれの宿とかやにて、宸筆の宣命を取り落して立たれにけり。急ぎ人を返し遣(つか)はして求められけれども、日次(ひなみ)などは違(たが)ひて侍りけん。

父の大相国2)、その時右大臣にておはしけるが、このことを聞かれて、「家継ぐまじき者なり」とぞ宣(のたま)ひける。

保安三年正月二十三日に、大納言にはなられけれども、四月に胸を患(わづら)ひて、父の大臣に先立ちて、八日失せられにけり。

大臣の案に違(たが)はざりけり。中院(なかのいん)の右大臣3)、宰相中将にて侍りけるぞ、家をば継がれける。

翻刻

元永元年四月九日顕通大納言中納言右衛門督にて
公卿勅使奉て下られけるにいつれの宿とかやにて
宸筆の宣命をとりおとしてたたれにけりいそき人
を返しつかはして求られけれとも日次なとはたかひて
侍けん父の太相国其時右大臣にておはしけるか此事
をきかれて家継ましきものなりとその給ける保安三年/s17l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/17

正月廿三日に大納言にはなられけれとも四月にむねをわつ
らひて父のおととにさきたちて八日うせられにけり
おととの案にたかはさりけり中院右大臣宰相中将
にて侍けるそ家をはつかれける/s18r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/18

1)
源顕通
2)
源雅実
3)
源雅定


text/chomonju/s_chomonju014.txt · 最終更新: 2020/02/01 13:31 by Satoshi Nakagawa