ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju011

古今著聞集 神祇第一

11 後三条院の御時国の貢ぎ物広田の御前の沖にて多く入海の・・・

校訂本文

後三条院1)の御時、国の貢ぎ物、広田の御前の沖にて、多く入海の聞こえありければ、宣旨をかの社へ下されて、貢ぎ物を全うせられぬよし、逆鱗ありけるに、社の辺りの木、一夜に枯れにけり。

主上、聞こし召し、驚かせ給ひて、なだめ申されければ、木、もとのごとく栄えにけり。その後、船も入海せざりけり。

翻刻

後三条院御時国のみつき物広田の御まへの澳にて
おほく入海のきこへありけれは宣旨を彼社へ下されて
みつき物を全せられぬよし逆鱗ありけるに社の辺の木
一夜に枯にけり主上きこしめしおとろかせ給てなため
申されけれは木もとのことくさかへにけり其後船も入海せさり
けり大学寮の廟供には昔猪鹿をもそなへけるを或/s16r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/16

1)
後三条天皇


text/chomonju/s_chomonju011.txt · 最終更新: 2020/01/12 23:36 by Satoshi Nakagawa