ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju004

古今著聞集 神祇第一

4 三井寺の鎮守新羅明神は沙竭羅竜王の子なり・・・

校訂本文

三井寺の鎮守、新羅明神は、沙竭羅竜王の子なり。智証大師1)渡唐の時、大師の仏法を守らんと誓ひ給ひて、形を現してかの寺に跡を垂れ給へるなり。

円満院僧正明尊、初めて祭礼を行はれける時、明神喜ばせ給ひて、一首の和歌を託宣し給ひける、

  唐船(からふね)に法守りにと来しかひはありけるものをここの泊(とまり)に

翻刻

けり三井寺の鎮守新羅明神は沙竭羅竜王の子也/s11r
智証大師渡唐の時大師の仏法をまもらんと誓
給て形をあらはして彼寺にあとをたれ給へるなり
円満院僧正明尊はしめて祭礼を行はれける時明
神よろこはせ給て一首の和謌を託宣し給ける
  から船に法まもりにとこしかひは有ける物をここのとまりに/s11l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/11

1)
円珍


text/chomonju/s_chomonju004.txt · 最終更新: 2020/01/06 21:19 by Satoshi Nakagawa