ユーザ用ツール

サイト用ツール


rhizome:隷書

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

rhizome:隷書 [2014/03/16 04:40] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +====== 隷書 ======
 +
 +れいしょ
 +
 +漢字の[[書体]]の一つ。秦に通行した[[篆書]]のあとを受け、[[漢]]代に通行の書体となった。
 +
 +隷書のうち、篆書に近いものを古隷といい、石碑などに用いられた装飾的なうねりをもった
 +隷書を八分という。
 +
 +八分は現在でも、その装飾性から、看板、書籍や新聞の題字などに多く用いられる。
 +
 +また、隷書はその後、[[楷書]]、[[行書]]、[[草書]]の各書体の母体となった。
  


rhizome/隷書.txt · 最終更新: 2014/03/16 04:40 (外部編集)