Recent changes RSS feed

隠者文学

いんじゃぶんがく

定義

平安時代末期から、鎌倉時代までに隆盛した隠者の手による文学。ただし、和歌であったり随筆であったりと、文学としての形式はさまざまなので、ひとつのジャンルとして定義されている言葉ではない。

具体的には、西行鴨長明兼好法師などを指すが、その継承者として連歌師松尾芭蕉までを含む。

参考文献

  • 折口信夫「女房文学から隠者文学へ」(『古代研究(国文学編)』・折口信夫全集一)
  • 小林智昭『無常感の文学』(弘文堂アテネ新書・昭和34年11月)
  • 桜井好朗『隠者の風貌』(塙書房塙選書・昭和42年6月)
  • 石田吉貞『中世草庵の文学』(北沢図書出版・昭和45年2月)
  • 石田吉貞『隠者の文学―苦悶する美』(塙書房塙新書・1969年1月)
  • 西田正好『無常の文学』(塙書房塙新書・1975年9月)
rhizome/隠者文学.txt · 最終更新: 2014/03/31 20:26 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa