ユーザ用ツール

サイト用ツール


rhizome:連体詞

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

rhizome:連体詞 [2014/03/16 04:39] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +====== 連体詞 ======
 +
 +れんたいし
 +
 +国文法の[[品詞]]の一つ、[[自立語]]で[[活用]]がなく、[[体言]]([[名詞]])のみを修飾する単語。
 +
 +[[文語]]では数が少なく、「ある(或る)」「いはゆる」「さる(然る)などがこれにあたる。
 +
 +[[口語]]では、[[用言]]の連体形のみが残ったもの(「大きな」「同じ」など)や、[[名詞]](代名詞)に格[[助詞]]「の」が付いたもの(「この」「その」「わが」)が一つの単語として代名詞とみなされるため、数が増える。
  


rhizome/連体詞.txt · 最終更新: 2014/03/16 04:39 (外部編集)