ユーザ用ツール

サイト用ツール


rhizome:蘇軾

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

rhizome:蘇軾 [2014/03/16 04:39]
127.0.0.1 外部編集
rhizome:蘇軾 [2014/03/18 23:59] (現在)
Satoshi Nakagawa
ライン 14: ライン 14:
 50歳のとき、皇帝神宗が崩御し、蘇軾も復権、[[登州]](山東省)の知事を経て、中央へ召され、杭州、[[潁州]](安徽省)の知事に転出したこともあるが、おおむね中央で要職を歴任する。なお、[[西湖]]に蘇提を作ったのはこのときである。 50歳のとき、皇帝神宗が崩御し、蘇軾も復権、[[登州]](山東省)の知事を経て、中央へ召され、杭州、[[潁州]](安徽省)の知事に転出したこともあるが、おおむね中央で要職を歴任する。なお、[[西湖]]に蘇提を作ったのはこのときである。
  
-1093年、哲宗皇帝の親政が始まり、中央から追放され、[[定州]](河北省)の知事に出されるが、再び政治批判の罪により[[恵州]](広東省)に流され、さらに海南島の&​utf(20747)州まで追いやられる。+1093年、哲宗皇帝の親政が始まり、中央から追放され、[[定州]](河北省)の知事に出されるが、再び政治批判の罪により[[恵州]](広東省)に流され、さらに海南島の州まで追いやられる。
  
 さらに哲宗が崩御して、名誉を回復され大陸へ帰ることとなるが、常州(江蘇省)にて66歳で客死した。 さらに哲宗が崩御して、名誉を回復され大陸へ帰ることとなるが、常州(江蘇省)にて66歳で客死した。


rhizome/蘇軾.txt · 最終更新: 2014/03/18 23:59 by Satoshi Nakagawa