Recent changes RSS feed

縁語

えんご

和歌の修辞法の一つ。

一首の和歌の中で、関連のある語同士を縁語という。掛詞と同時に用いられることが多い。

新古今和歌集』に多く見られる。

【例】

  • 鹿山うき世をよそにふりすてていかになりゆくわが身なるらむ 『新古今和歌集』1613 西行
    • 太字が縁語。なお、「なりゆく」は「鳴り」と「成り」の掛詞。
rhizome/縁語.txt · 最終更新: 2014/04/07 03:21 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa