Recent changes RSS feed

紫式部

むらさきしきぶ(970ごろ〜1014ごろ)

概要

生没年未詳。天禄元年(970)〜長和三年(1014)ごろか。

平安時代物語作者、歌人。父は藤原為時、母は藤原為信女で一条天皇中宮彰子(ちゅうぐうしょうし)の女房

もとは藤原の藤と父の旧官名により「藤式部」と呼ばれていた(『栄華物語』・『伊勢大輔集』)。

中古三十六歌仙の一人。作品に物語『源氏物語』、日記紫式部日記』、私家集紫式部集』がある。勅撰和歌集は『後拾遺和歌集』が初出。

長徳2年(996)父が越前守に任ぜられ同行し、長徳4年(998)単身で上京、まもなく藤原宣孝と結婚し、翌長保元年(999)賢子(後の大弐三位)を生む。長保3年(1001)4月25日に夫が死去。三年足らずの結婚生活が終わる。このころ『源氏物語』の執筆を始めたという説もある。

寛弘二年(1005)12月29日、藤原道長に認められて中宮彰子(道長の女)に出仕した。以後晩年まで『源氏物語』の執筆を継続した。

現在、2000円札の肖像となっている。

参考サイト

rhizome/紫式部.txt · 最終更新: 2014/03/30 04:54 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa