ユーザ用ツール

サイト用ツール


rhizome:百首歌

百首歌

ひゃくしゅうた

意味

定数歌の一種。

一人の歌人が百首の和歌を詠むこと、およびそれを記録した作品。

題詠として詠まれることが多く、中世以降は、勅撰和歌集を編纂する際の資料として、百首を召すのが通例となった。

電子テキスト



rhizome/百首歌.txt · 最終更新: 2014/03/18 16:30 by Satoshi Nakagawa