Recent changes RSS feed

無住

むじゅう(1226〜1312)

鎌倉時代の僧。は道暁、一円とす。俗姓梶原氏。

鎌倉に生まれ、18歳のとき常陸国で出家、西国へ行き諸宗を学び、臨済宗東福寺派の円爾弁円の弟子になり、禅密兼修の僧となる。

尾張国長母寺の住持(住職)として後半生を送り、晩年まで『沙石集』、『聖財集』、『妻鑑』『雑談集』を書いた。

rhizome/無住.txt · 最終更新: 2014/03/16 04:39 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa