ユーザ用ツール

サイト用ツール


rhizome:林羅山

林羅山

はやしらざん(1583〜1657)

江戸時代初期の儒者

京都の人。名は忠または信勝。は子信。通称又三郎。剃髪して道春とした。

藤原惺窩朱子学を学ぶ。のち、惺窩の推薦によって徳川家康の顧問となり、引き続き秀忠、家光、家綱に仕える。

忍ケ岡に学問所および聖堂を建て、昌平黌の起源をなした。

『羅山文集』『大学抄』『大学解』『論語解』など。



rhizome/林羅山.txt · 最終更新: 2014/03/16 04:39 (外部編集)