Recent changes RSS feed

東歌

あずまうた

定義

東国和歌の意味で、狭義には『万葉集』巻十四所収の短歌230首を指すが、広義には『古今和歌集』巻20所収の13首も含める。

*万葉集の東歌

国名が分かっている勘国歌と分からない未勘国歌に分けられ、さらに雑歌・相聞歌・譬喩歌などに分けられている。

「東」の範囲は、遠江以東の東海道諸国と信濃国以東の東山道諸国である。作者・作歌年代はほとんど不明で、大部分が東国での民謡であると考えられる。

古今和歌集の東歌

陸奥歌7首、相模歌1首、常陸歌2首、甲斐歌2首・伊勢歌1首の13首。伊勢以東の東国の民謡である。

rhizome/東歌.txt · 最終更新: 2014/04/19 01:43 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa