Recent changes RSS feed

木簡

もっかん

定義

紙が発明される以前、または紙が高価だった時代に、筆記用に紙の代わりに使われた、薄くそがれた木の札のこと。なお、竹の場合は竹簡というが、材質以外に大きな違いはない。

中国の場合、一枚の札(簡)は長さ23cm(漢尺の1尺に相当)、幅1cm、厚さ2mm〜3mm程度で、通常一行で30字〜40字程度が入る。一枚では足りない場合は、二箇所を糸で縛り、すだれのようにした。その形に由来するのが「冊」で、古く甲骨文金文に見られることから、この形態がいかに古いかがわかる。

下級役人を「刀筆の吏」というのは、筆記のための筆と、間違いを訂正するために木簡を削るナイフが、彼らの仕事の必需品だったからである。

スウェン・ヘディンが1901年にロプ湖の北岸で代の木簡121片を発見したのが最初で、それ以降現在では数万点が発見されている。

日本では、飛鳥時代のものから、各時代のものが発見されている。戦前から出土例があるが、昭和36年(1961)に平城京跡から出土して以来、全国的に発見されるようになった。

日本の場合は、漢字が伝来したときに、すでに紙が発明されていたため、官庁などの記録、文書や、手習い、落書き、荷札などが木簡の内容になっている。

参考サイト

rhizome/木簡.txt · 最終更新: 2014/03/16 04:39 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa