Recent changes RSS feed

懺悔録

さんげろく

解説

ドミニコ会の宣教師、コリャードによる、懺悔(告解)の範例集。1632年ローマ布教聖省により刊行。風俗、キリシタンの迫害を描く歴史資料であり、当時の口語を記す資料としての価値も高い。

師(神父)と弟子(信者)の問答形式で書かれ、教義宣言の文・告解の文・教えの文の三部からなる。もっとも量の多い告解の文は、さらに内容によっていくつかに分けられ、日本における告解の範例集となっている。

懺悔録という題名は、明治43年に新村出によって紹介された時に付けられたもの。本来の題名は「日本の言葉にようコンヘションを申す様体と、またコンヘソルより御穿鑿めさるるための肝要なる条々のこと。談義者の門派のフライ、ヂエゴ・コリャドという出家、ロウマにおいて、これを為立ものなり。1632 」。

伝本は刊本のみ。左ページがローマ字書きの日本文、右ページがラテン語対訳になっている。国内には東大・上智大・天理大・京大などに蔵せられている。

参考文献

  • 岩波文庫『コリャード 懺悔録』(大塚光信校注・岩波書店・1986年7月)

rhizome/懺悔録.txt · 最終更新: 2014/04/19 01:55 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa