ユーザ用ツール

サイト用ツール


rhizome:律詩

以前のリビジョンの文書です


律詩

りっし

漢詩の形式の一つ。代(初唐)に完成した形式で絶句排律とならんで 今体詩という。

八句からなり二句ずつを&ruby(一聯,いちれん)といい、首聯、頷聯、頸聯、尾聯の構成となり 頷聯の二句と頸聯の二句では必ず対句にする。平仄のきまりがある。

律詩には五言律詩と七言律詩がある。

五言律詩

一句は5文字。押韻は偶数句末。

  • (

○…平声 ●…仄声 △…どちらでもよい ◎…韻字 正格(仄起式) 偏格(平起式) △●○○●  △○○●● △○△●◎  △●●○◎ △○○●●  △●○○● △●●○◎  △○△●◎ △●○○●  △○○●● △○△●◎  △●●○◎ △○○●●  △●○○● △●●○◎  △○△●◎

  • )

七言律詩

一句は7文字。押韻は一句目末と偶数句末。

  • (

○…平声 ●…仄声 △…どちらでもよい ◎…韻字 正格(平起式)   偏格(仄起式) △○△●●○◎  △●△○△●◎ △●△○△●◎  △○△●●○◎ △●△○○●●  △○△●○○● △○△●●○◎  △●△○△●◎ △○△●○○●  △●△○○●● △●△○△●◎  △○△●●○◎ △●△○○●●  △○△●○○● △○△●●○◎  △●△○△●◎

  • )


rhizome/律詩.1394912394.txt.gz · 最終更新: 2014/03/18 21:38 (外部編集)