ユーザ用ツール

サイト用ツール


rhizome:平仮名

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

rhizome:平仮名 [2014/03/16 04:39] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +====== 平仮名 ======
 +
 +ひらがな
 +
 +[[仮名]]の一種。[[万葉仮名]]を字母にし、その草書体である[[草仮名]]をさらにくずして簡略化させた仮名。単に、仮名といった場合、平仮名を指すばあいが一般的。
 +
 +古くは女手(おんなで)といわれたが、[[中世]]末期ごろから平仮名と呼ばれるようになる。
 +
 +[[正倉院文書]]にすでにその萌芽がみられるといわれるが、使用例が多く見られるようになるのは[[和歌]]が発達する9世紀末から10世紀にかけてである。
 +
 +さらに、[[平安時代]]中期の11世紀ごろから、現在[[古筆]]といわれているようなものに代表される美術的完成をみる。
 +
 +明治33年の小学校令改正以来、一つの音節につき一文字に統一され、それ以外伝統的に使われてきた平仮名を[[変体仮名]]というようになった。
  


rhizome/平仮名.txt · 最終更新: 2014/03/16 04:39 (外部編集)