ユーザ用ツール

サイト用ツール


rhizome:夜の鶴

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

rhizome:夜の鶴 [2014/03/16 04:39] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +====== 夜の鶴 ======
 +よるのつる
 +
 +===== 成立と内容 =====
 +
 +[[鎌倉時代]]に成立した[[歌論]]書。[[阿仏尼]]による。
 +
 +冒頭によると、ある「さりがたき人」の依頼によって書かれ、同じ内容を息子の[[冷泉為相]]に伝えたもの。「さりがたき人」は、依頼を断ることができないほどの高貴な人ということだが、諸説あるものの誰かは分からない。
 +
 +書名は後人が付けたもので、他に『阿仏口伝(あぶつくでん)』『夜鶴抄(やかくしょう)』などとも呼ばれる。なお、「夜の鶴」とは子を思う親心の意味で、[[白居易]]の五絃弾という詩を出典とする。
 +
 +[[消息]]体で例歌を引きながら、[[和歌]]を詠むときの心得、詠みかた、参考にすべき歌集などを、分かりやすく具体的に指導する和歌入門書である。
 +
 +なお、作者の阿仏尼は、藤原為家の側室であるため、[[藤原俊成]]、[[藤原定家]]、[[藤原為家]]などの説を伝えている。
 +
 +===== 参考文献 =====
 +  * 『校注阿仏尼全集』(簗瀬一雄校注・風間書房・昭和33年)
 +  * 講談社学術文庫『十六夜日記・夜の鶴』(森本元子・講談社・昭和54年3月)
 +
 +<​html><​iframe src="​http://​rcm-fe.amazon-adsystem.com/​e/​cm?​lt1=_blank&​bc1=000000&​IS2=1&​bg1=FFFFFF&​fc1=000000&​lc1=0000FF&​t=yatanavi-22&​o=9&​p=8&​l=as4&​m=amazon&​f=ifr&​ref=ss_til&​asins=4061583735"​ style="​width:​120px;​height:​240px;"​ scrolling="​no"​ marginwidth="​0"​ marginheight="​0"​ frameborder="​0"></​iframe></​html>​
  


rhizome/夜の鶴.txt · 最終更新: 2014/03/16 04:39 (外部編集)