ユーザ用ツール

サイト用ツール


rhizome:四部分類

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

最新リビジョン 両方とも次のリビジョン
rhizome:四部分類 [2014/03/16 04:39]
127.0.0.1 外部編集
rhizome:四部分類 [2014/03/18 01:33]
Satoshi Nakagawa
ライン 7: ライン 7:
 漢籍を経部・史部・子部・集部の四つに分類するため「四部分類」という。また、[[四庫全書]]の分類法であることから「四庫分類」ともいう。 漢籍を経部・史部・子部・集部の四つに分類するため「四部分類」という。また、[[四庫全書]]の分類法であることから「四庫分類」ともいう。
  
-  ​経部(儒教経典) : [[十三経]]・楽・[[小学]]など。 +  ​経部(儒教経典) : [[十三経]]・楽・[[小学]]など。 
-  ​史部(歴史) : [[正史]]・雑史・詔令・奏議・伝記・地理・職官・政書・目録・史評など。 +  ​史部(歴史) : [[正史]]・雑史・詔令・奏議・伝記・地理・職官・政書・目録・史評など。 
-  ​子部(思想家) : [[諸子百家]]・天文算法・芸術・譜録・[[類書]]・小説家・釈家・道家など。 +  ​子部(思想家) : [[諸子百家]]・天文算法・芸術・譜録・[[類書]]・小説家・釈家・道家など。 
-  ​集部(全集) : [[楚辞]]・別集・総集・詩文評・[[詞曲]]など。+  ​集部(全集) : [[楚辞]]・別集・総集・詩文評・[[詞曲]]など。
  
 中国では古くから書籍の分類学がすすんでおり、[[三国]]・[[魏]]の時代にはすでに四部に分ける方法があったが、現在の四部に分ける方法は『[[隋書]]』経籍志により定まった。 中国では古くから書籍の分類学がすすんでおり、[[三国]]・[[魏]]の時代にはすでに四部に分ける方法があったが、現在の四部に分ける方法は『[[隋書]]』経籍志により定まった。


rhizome/四部分類.txt · 最終更新: 2014/04/26 15:49 by Satoshi Nakagawa