Recent changes RSS feed

四庫全書

しこぜんしょ

概要

乾隆帝が欽定した叢書

78731巻からなり、経・史・子・集に分類したため、この名前がある。なお、この分類法については、四部分類の項を参照。

朱筠の儀により、1772年(乾隆37)から10年間、書籍の収集をし、紀昀を主として校正し本文をつくった。

当初、次の4セットを作った。

名称場所
文淵閣宮中文華殿うら
文源閣円明園離宮
文遡閣奉天行宮
文津閣熱河避暑山荘

その後、1790年(乾隆55)に次の3セットを追加した。

名称場所
文匯閣揚州大観堂
文宗閣鎮江金山寺
文瀾閣杭州孤山

これらのうち、円明園文源閣は1860年に英仏連合軍によって焼け、揚州の文匯閣・鎮江の文宗閣は太平天国の乱によて消失した。

電子テキスト

rhizome/四庫全書.txt · 最終更新: 2014/04/26 14:27 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa