ユーザ用ツール

サイト用ツール


rhizome:六書

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

rhizome:六書 [2014/03/16 04:39]
127.0.0.1 外部編集
rhizome:六書 [2014/03/18 21:39] (現在)
Satoshi Nakagawa [六書の構造]
ライン 16: ライン 16:
 最初の三つが造字法。後の三つが運用法。 最初の三つが造字法。後の三つが運用法。
 また、象形と指事は物の形状を、会意と形声は組織の組み合わせ、転注と仮借は文字そのものの また、象形と指事は物の形状を、会意と形声は組織の組み合わせ、転注と仮借は文字そのものの
-応用であるとする、各々三つにペア分類できることを「六書三&#​32806;​説」という。+応用であるとする、各々三つにペア分類できることを「六書三説」という。
  
 しかしながら六書構造はあくまで後付のもの(分析によって得られたもの)であり、 しかしながら六書構造はあくまで後付のもの(分析によって得られたもの)であり、


rhizome/六書.txt · 最終更新: 2014/03/18 21:39 by Satoshi Nakagawa