Recent changes RSS feed

信貴山縁起絵巻

しぎさんえんぎえまき

解説

信貴山朝護孫子寺蔵。国宝で、『源氏物語絵巻』『伴大納言絵詞』『鳥獣人物戯画』とともに、四大絵巻といわれる。

縁起とはいうものの、命蓮の事跡を描く絵巻である。

長者が命蓮の鉢を倉に入れてしまったために、倉が信貴山まで飛んでしまう「山崎長者の巻(飛倉の巻)」、命蓮が「剣の護法」を遣わせ天皇の病気を治す「延喜加持の巻」、命蓮の姉の尼が命蓮を尋ねて信貴山へやってくるという「尼公の巻」の三巻からなる。

古本説話集』(65話)『宇治拾遺物語』(101話)に同話があり、絵巻には存在しない巻一の詞書を補うことができる。

また、『今昔物語集』(巻11-36)『諸寺略記』にも類話が見られる。

信貴山で絵解きのために描かれたという説や、貴族のために描かれたという説がある。

参考文献

  • 日本美術史叢書3『信貴山縁起絵巻』(藤田経世、秋山光和・東京大学出版会・1957年6月)
  • 日本思想大系『寺社縁起』(桜井徳太郎・岩波書店・1975年12月)
  • 日本の絵巻『信貴山縁起絵巻』(中央公論社)

'参考文献は絵巻の項も参照すること。'

【参考サイト】

rhizome/信貴山縁起絵巻.txt · 最終更新: 2014/04/26 14:19 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa