Recent changes RSS feed

三跡

さんせき

平安時代中期を代表する能書家小野道風藤原佐理藤原行成のこと。

平安時代初期の三筆が、中国書法の影響を強く受け、唐様といわれるのに対し、三跡は王羲之の書風を換骨奪胎し、和様の書を完成させたとされる。

rhizome/三跡.txt · 最終更新: 2014/04/19 02:00 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa